太陽カフェ with おおはた雄一 - 竹仲絵里の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

太陽カフェ with おおはた雄一  ♪  竹仲絵里
作詞 : おおはた雄一
作曲 : おおはた雄一

8時最初のバスに彼女は乗り込んでゆく
ドアが閉まるところで僕に向かって手を振る
とりあえず僕も曖昧に手を上げてみたりして

その足で
太陽カフェで一服さ
そしたらツキを 呼び戻せ
太陽カフェで一服さ
なんにもいいことありゃしない

ぽつりぽつりぽつりと予想外れの雨が降る
ぱらりぱらりぱらりと街には傘の花が咲く
仕方なく僕も雨をよけながらジグザグで

その足で
太陽カフェで一服さ
そしたら月までさ ひとっとび
太陽カフェで一服さ
こんな事には慣れっこさ

なんにも無かったように
日は暮れて
僕の影を残して
おいてけぼりで

その足で
太陽カフェで一服さ
そしたらツキを 呼び戻せ
太陽カフェで一服さ
なんにもいいことありゃしない


竹仲絵里の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
太陽カフェ with おおはた雄一/竹仲絵里の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ