組曲「九尾」〜玉藻前 - 陰陽座の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

陰陽座
公式サイト
組曲「九尾」〜玉藻前  ♪  陰陽座
作詞 : 瞬火
作曲 : 瞬火

ねえ 童賺(わらべすか)しは 仕舞(しまい)にして
さあ 傍(そば)に 座(わ)して
あな 徘徊(たもとお)る如(こと) 濁(にご)らせても
夜(よる)は 徒(ただ) 深(ふ)ける丈(だけ)

此(こ)の躯(み)は 御身(おんみ)のものぞ
艶場(つやば)と 寝腐(ねくた)り 揺(ゆ)られて 眠(ねむ)る

見詰(みつ)めるより 抱(だ)いて 震(ふる)える迄(まで)
太刀風(たちかぜ)より 強(つよ)く 崩(くず)れる迄(まで)
囁(ささや)くより 枕(ま)いて 燃(も)え切(き)る迄(まで)
寝(ぬ)る魂(たま)より 甘(あま)く 酔(え)い痴(し)る迄(まで)

ねえ 其(そ)れで少(すこ)しは 男(おとこ)せらば
さあ 振(ふ)りを 見(み)せて
あな 裲襠(うちかけ)の褄(つま) 引(ひ)き張(は)るとは
如何(いか)に 不得手(ふえて)に非(あら)ず

夜(よる)の羽根(はね)が はらり 落(お)ちて
火照(ほて)る 芋虫(むし)が ふわり 浮(う)かぶ
密(ひそ)めき 色(いろ)に 焼(や)かれて 堕(お)ちる

見詰(みつ)めるより 抱(だ)いて 震(ふる)える迄(まで)
太刀風(たちかぜ)より 強(つよ)く 崩(くず)れる迄(まで)
囁(ささや)くより 枕(ま)いて 燃(も)え切(き)る迄(まで)
寝(ぬ)る魂(たま)より 甘(あま)く 酔(え)い痴(し)る迄(まで)

嗚呼(ああ) 痺(しび)れる 爪先(つまさき) 投(な)ぎ
打揚(うちあ)げし 肩(かた)を 撫(な)でる
濡(ぬ)れ通(とお)る 褥(しとね) 泳(およ)ぎ 寄(よ)せ返(かえ)す 濤(なみ)に
漕(こ)ぎて 扱(こ)ぎて 絶(た)え果(は)てる迄(まで)

見詰(みつ)めるより 抱(だ)いて 震(ふる)える迄(まで)
太刀風(たちかぜ)より 強(つよ)く 崩(くず)れる迄(まで)
囁(ささや)くより 枕(ま)いて 燃(も)え切(き)る迄(まで)
寝(ぬ)る魂(たま)より 甘(あま)く 酔(え)い痴(し)る迄(まで)

惚(ほ)げり
立(た)ち居(い)るより 抱(だ)いて 震(ふる)える迄(まで)
舞風(まいかぜ)より 強(つよ)く 崩(くず)れる迄(まで)
接吻(くちづけ)より 噛(か)んで 千切(ちぎ)れる迄(まで)
鳥羽玉(ぬばたま)より 黒(くろ)く 汚(けが)れる迄(まで)
融(と)け合(あ)う


ミニ情報
アルバム「金剛九尾」収録曲
陰陽座の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
組曲「九尾」〜玉藻前/陰陽座の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ