組曲「九尾」〜照魔鏡 - 陰陽座の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

組曲「九尾」〜照魔鏡-陰陽座
Jword 陰陽座
公式サイト
組曲「九尾」〜照魔鏡  ♪  陰陽座
作詞 : 瞬火
作曲 : 瞬火

漂(ただよ)う膿(うみ) 心(こり) 濁(にご)して 幾度目(いくどめ)かの 伽(とぎ) 苛(いら)ちて
障(さや)りし旨(むね) 問(と)い合(あ)わせど すげない素振(そぶ)り
桃花染(あらぞめ)に 臍(ほぞ)を噬(か)む

容貌(かたち)を視(み)らば 打(う)ち遣(や)る 此(こ)の疑氷(ぎひょう)
打(う)ち遣(や)れ 其(そ)の疑氷(ぎひょう)

簓(ささら)の態(ざま) 肚裡(とり) 括(くく)りて
もう御座(おざ)なりの 伽(とぎ) 遣(や)り付(つ)け
曝(さら)ける胸(むね) 抛(ほ)り出(いだ)せば 貪(ぬさぼ)る頭(かぶり)
何(なん)ぞ 笑(え)みが 零(こぼ)れる

体躯(からだ)に痴(し)らば 吹(ふ)き飛(と)ぶ 此(こ)の紕(まよい)
吹(ふ)き飛(と)べ 其(そ)の紕(まよい)

遊(すさ)ぶも 対(つい)の 契(ちぎ)りと
努々(ゆめゆめ) 此(こ)の旨味(しみ) 忘(わす)れさせぬと

尾(お)ろぞ見(み)ゆる 九尾(ここのお)ろが 鱗落(いろこお)つる 牝狐(めぎつね)の化生(けしょう)

嗚呼(ああ) 然(さ)こそ 優女(やさめ) 持(も)てり 情(じょう)の 証(しるし)
嗚呼(ああ) 元(もと)へ 商(しょう)の 女(め)ら 飾(かざ)ろう 装具(そうぐ)

有(あ)られ無(な)き 仰(おお)せ いと 惜(お)しけしや
徒然(つれづれ)に 添(そ)うた 蜜(みつ)を 喪(うしな)いて
謂(いわ)れ無(な)き 仰(おお)せ 愛(いと)おしき日(ひ)は
微睡(まどろみ)と 知(し)って 崩(くず)れ 消(き)え惑(まど)う

鏡(かがみ)を視(み)らば 巧(たく)みの 臍落(ほぞお)ちぬ

荒(すさ)ぶも 終(つい)の 契(ちぎ)りと
おめおめ 傾国(けいこく) 忘(わす)れられじ
抜(ぬ)かるも 不意(ふい)の 限(かぎ)りと
夢夢(ゆめゆめ) 飽(あ)いたと 忘(わす)れて仕舞(しま)え

泡沫(あわ)と潰(つい)えし 此(こ)の上(うえ)の
沙汰(さた)なぞ 興(おこ)り無(な)し
憖(なま)じ 智慧(ちえ)など 振(ふ)るいたる
汝(うぬ)が 業(わざ)を 呪(のろ)え

叢立(むらだ)ちの 蟻(あり)に 隠(かく)る 傍痛(かたわらいた)し 下(さ)げ
寂滅(じゃくめつ)の 凪(なぎ)に ぽつり 疼(うず)く躯(からだ) 浸(ひた)せ

居(い)るも 詮無(せんな)き 此(こ)の宮(みや)の
上(かみ)に残(のこ)せし 翳(かげ)
喩(たとい) 去(さ)れども 揮(ふ)るいたる
波紋(はもん) 灼(あらたか)に 怖(お)じよ

おお 歪(ゆが)む 躯(からだ) 固(かた)む
矢竦(やずく)みの 背(せな)を 綰(わが)ぬ
おお 裂(さ)ける 貌(かお)を 刳(えぐ)る
藻女(みずくめ)の 胞衣(えな)は 要(い)らぬ


ミニ情報
アルバム「金剛九尾」収録曲
陰陽座の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
迦陵頻伽

熾天の隻翼

廿弐匹目は毒蝮
御前の瞳に羞いの砂
轆轤首
氷牙忍法帖
人魚の檻
素戔嗚
組曲「九尾」〜照魔鏡/陰陽座の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ