虚言症 - 椎名林檎の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 椎名林檎
公式サイト

虚言症

 ♪ 

椎名林檎

作詞 : 椎名林檎
作曲 : 椎名林檎

しかし何故にこんなにも 眼が乾く気がするのかしらね
黄色の手一杯に広げられた地図には 何も何も無い

そして何故に雨や人波にも 傷付くのかしらね
魚の目をしているクラスメイトが敵では 決して決して無い

線路上に寝転んでみたりしないで大丈夫
いま君の為に歌うことだって出来る
あたしは何時も何時もボロボロで生きる

例えば少女があたしを憎む様なことがあっても
摩れた瞳(め)の行く先を探り当てる気など 丸で丸で無い

徒(いたずら)に疑ってみたりしないで大丈夫
いま君が独りで生きているなんて云えるの
君は常に常にギリギリで生きる
あたしは何時も君を想っているのに

髪の毛を誘う風を何ともすんなりと受け入れる
眩しい日に身を委せることこそ悪いこととは云わない

無理矢理に繕ってみたりしないで大丈夫
いま君の為に歌うことだって出来る
あたしは何時も何時もボロボロで生きる

徒(いたずら)に疑ってみたりしないで大丈夫
いま君が独りで生きているなんて云えるの
君は常に常にギリギリで生きる
あたしは何時も君を想っているのに


椎名林檎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
長く短い祭
神様、仏様
どん底まで
至上の人生
静かなる逆襲
走れゎナンバー
赤道を越えたら
JL005便で
ちちんぷいぷい

虚言症/椎名林檎の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ