スペースオペラ Ao 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

スペースオペラ  ♪  Ao
作詞 : 安田貴広
作曲 : 安田貴広

失くしていた鍵が見つかった
ゴミと一緒に混ざっていた
それが無いとかからないんだって
君の船のエンジン

ところが何処を探したって
鍵穴は見当たらないね
それはどんな形だったっけ?
そもそも鍵なんているのかな?

太陽が嘲笑っていた
途方に暮れる君を見て
当然の様にこう言った
「逃げたいだけじゃ動かせないよ。」

道が道に重なる迷路
月が位置を変えてく航路
遥かの距離が見抜けなくて
痛みの意味に気付けなくて

全てが全て嫌になって
たまに逃げたくもなるもんだ
生きる意味を知らなくたって
笑顔で生きていたっていいから

その声が光を宿すのです

急に空は静まった
太陽が今眠ったんだ
鍵穴はついに見つからず
闇が目覚めだす

心臓は動いていた
吐いた息は白かった
そして君はこう言った
「この足でも行けるよね」

道が道に重なる迷路
月が位置を変えてく航路
遥かの星の光を受け
痛みの意味が少し見えても

君が君に重ならなくて
たまに消えたくもなるもんだ
生きる意味が見つからなくて
果てるまで知れなくたっていいから

答えは無いのも
一つの答えだろう
彷徨う分だけ涙も落とすだろう
それでも落としていることに気付かないように
これからもずっと歌い続けるのさ
ルラララ

生きてる意味を探していく
飛ばない船を背負っていく
諦めたから前を向いた
そして踏み出した足が大地を蹴る
世界が止まった刹那に

背中で船が光りだして
大地は君を解き放って
遥かの星を目指す様に
迷いも全て超える様に

君が君を諦めないで
歩くつもりならいつだって
僕が君の翼になって
どこまで連れてったっていいからさぁ


ミニ情報
アルバム「スペースオペラ」収録曲
Aoの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Ao「スペースオペラ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ