キミと夏 滴草由実 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

滴草由実
公式サイト
キミと夏  ♪  滴草由実
作詞 : Yumi Shizukusa
作曲 : Mineaki Kawahara

上の空の陽に焼けた顔 誘いだせと蝉がうたうよ
バイト帰りに海へ行こうか なんならこのまま抜け出して

君の待つ渚へいこう ペダル漕ぐスピードが増していく

太陽に負けないくらい キラメク笑顔探しに行こう
迷いなんか青空に吹き飛ばせ 恋が始まる

砂の城が波にとけてく 素足の歩幅が寄り添えば
今年最後の線香花火 触れる肌がくすぐったいよ

こんなに君見つめても 君の目は僕をかすめるだけ

太陽よりも焦がれてるよ このチャンスを信じてみたい
くよくよするくらいなら飛び込んだ方が ねぇ いいんじゃない?

tatatatatala… 寝ぐるしい夜は君のせい
tatatatatala… 夏よりも胸が躍るんだ

太陽に負けないくらい キラメク笑顔探しに行こう
迷いなんか青空に吹き飛ばせ

太陽よりも焦がれてるよ このチャンスを信じてみたい
くよくよするくらいなら飛び込んだ方が ねぇ いいんじゃない?


ミニ情報
アルバム「ENDLESS SUMMER」収録曲
滴草由実の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
滴草由実「キミと夏」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ