名もなき花 神谷浩史 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

神谷浩史
公式サイト
名もなき花  ♪  神谷浩史
作詞 : ヒルマ弘
作曲 : 吉田敬子

バカみたいに笑っては空だけ見てた
ホントに眩しい夏

朝寝坊のベットで
南風うけ僕らは歌っていた
希望、それは儚くて
でも明日を生きてく
忘れそうな光を
呼び覚ませるつぼみ

ひだまりを探してた名もなき花
太陽に向かって進め
もしもひとりで迷ったら
空にジャンプ!キミは自由
花は風と歌う

雨上がりの街角
アスファルトには陽炎が揺れていた
未来、どこにあるんだろう?
遠すぎてぼやけてる
わかりあえる仲間が
呼んでいた夕暮れ

あの日から咲いている名もなき花
ぬくもり勇気に変えて
描き続けた一片の
夢を握りしめ行こう
花は風と笑う

ひだまりを探してた名もなき花
太陽に向かって進め
歩き始めたよろこびに
伸びる飛行機雲高く
ひとりじゃないって思った

バカみたいに笑っては夢だけ見てた
ホントに眩しい夏


神谷浩史の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
神谷浩史「名もなき花」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ