pan SUPER BEAVER 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SUPER BEAVER
公式サイト
pan  ♪  SUPER BEAVER
作詞 : 柳沢亮太
作曲 : 柳沢亮太

すれ違う人の目を気にする 誰かの言葉を気にしてる
比べた所で仕方ないのに

ありのままとか 僕らしさとか 言いたいことはわかるけど
それを自分で 理解するのは 難しくて

ほらまた人の目を気にする 誰かの言葉に惑わされてる
いくらあがいても 僕は僕なのに

透明空間が 僕らの様な 形あるものを際立たせて
何が何なのか わからなくなることもあるけど

君が見る白がもし 僕が言う黒であっても
好きだと言ってくれるなら 僕はこのままでいい
無理に飾り付けたり 誰かを演じてみたって ほら
それでも僕は僕だから きっとこのままでいい

例えば今朝パンを食べていれば いつもより遠回りすれば
少しは何かが変わったかなって

ビデオの様には巻き戻せないのに
あれもこれもと考えてしまう

一人じゃどうも気付けないことあるみたいだと 気付けたのは
多分 いつも目の前にある
「君」という名の スクリーンが
「僕」を映すから

君が見る白がもし 僕が言う黒であっても
好きだと言ってくれるなら 僕はこのままでいい

君が言うならきっと それが僕なんだろう


ミニ情報
アルバム「心景」収録曲
SUPER BEAVERの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SUPER BEAVER「pan」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ