母娘じょんがら - 小桜舞子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

小桜舞子
公式サイト
母娘じょんがら  ♪  小桜舞子
作詞 : 仁井谷俊也
作曲 : 岡千秋

雪の礫(つぶて)に 叩かれ追われ
ここは津軽の 十三湖(じゅうさんこ)
母が三味弾き 娘がうたう
流れじょんがら 口説節(くどきぶし)
いつか父(とと)さに 出会える日まで
苦労覚悟の ふたり旅

数え七つで 門付(かどづ)け暮らし
何でしたかろ させたかろ
指のあかぎれ 痛みはせぬか
雪に素足は 冷たかろ
愛し我が子に こころで詫びりゃ
涙あふれる 五所川原(ごしょがわら)

闇に吹雪の 鳴る音聴(き)けば
肌が凍える 竜飛崎(たっぴざき)
早く父(とと)さの 顔みてみたい
泣いてむずがる 幼な子を
胸で叱って やさしく抱いて
生命(いのち)ぬくめる 宿あかり


小桜舞子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
母娘じょんがら/小桜舞子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ