夢 鴉 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
 ♪ 
作詞 : 近野淳一
作曲 : 近野淳一

夢を見たよ
僕が死んだとき 全ての幕が下りて
その記憶をこと細かく綴っている誰かがいた

危険な世界で放し飼いにされ
餌を奪われまいと逃げ廻る日々

最新の技術に 最新の犯罪
覚えきれない非常識の数

ああ この胸の高鳴りも本当は
予定通り動かされているだけなのかな?

夢を見たよ
僕が死んだとき 全ての幕が下りて
君の役はなぜか知らない人で

うなされ 目をあけたその場所は
いつもとかわらぬ部屋
風の音が窓を優しく撫でる

ここは何処だ?

ああ 運命の出会いに見せかけ
君は誰の指図のもと 僕のそばにいる?

危険な世界で放し飼いにして
餌を奪い合う そんな僕でも見たいのかい?

夢を見たよ
僕が死んだとき 全ての幕が下りて
その記録を送信するあの人

うなされ 目をあけたその場所は
いつもと変わらぬ部屋
真っ白な壁紙に包まれて
生きている僕がいた


ミニ情報
ドラマ「恨み屋本舗 REBOOT」主題歌
アルバム「未知標」収録曲
鴉の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鴉「夢」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ