闇を暴け - LUNKHEADの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

闇を暴け  ♪  LUNKHEAD
作詞 : 小高芳太朗
作曲 : 小高芳太朗

手のひら透かしてみた
重くも軽くもないな 命の音がする
五稜郭の宵空は 吸い込まれてしまいそうだ
この手の震えが止まる

明けていく空の色は群青に染まる
最初で最後の夜明けに
生きている意味を問う握りしめた右手
夜空に突き上げる

あなたを抱きしめた この手が覚えている
命の柔らかさ
嵐が来る前の凪いだ海の様に
心の震えが止まる

明けていく空の色は朱色に染まる
最初で最後の光で
戦う意味を知るこの胸の痛み
夜空に突き上げた 右手

さぁ、闇を暴け

明けていく空の色を朱色に染めて瞼に焼き付く光

戦う意味を知る握りしめた右手
最初で最後の力で
守るべきものを知る握りしめた右手
夜空に突き上げて
今、命を焼き尽くす


ミニ情報
アルバム「AT0M」収録曲
LUNKHEADの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
闇を暴け/LUNKHEADの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ