12月の風 - 清木場俊介の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

12月の風-清木場俊介
Jword 清木場俊介
公式サイト

12月の風

 ♪ 

清木場俊介

作詞 : 清木場俊介
作曲 : 川根来音

いつも通りのキミの声が 何故か今日は寂しくて
振り返るその顔は 春の桜のように泣いてた

人込みをかき分けて キミの姿追いかけて
震える肩を抱きしめた 凍える指を温めた

絡まる言葉を飲み干して キミのために今笑う

12月の風は冷たくて 誰かに寄り添いたくなる
それがキミであることが 僕にとってはいいんだ

いつも通り朝起きて 駅まで一人歩いてる
揺れる電車押されながら 誰かの話に耳をすまして

もどかしい気持ちが入り込んで キミの前で笑えない

12月の雪が降り注ぎ 心の芯を冷やして
滑る足の事も気にせずに 僕はまたキミを探す

絡まる言葉を飲み込んで キミのために今笑う

12月の風は冷たくて 誰かに寄り添いたくなる
それがキミであることが 僕にとってはいいんだ

12月の雪が降り注ぎ 心の芯を冷やして
滑る足の事も気にせずに 僕はまたキミを探す


ミニ情報
アルバム「Rockin' the Door」収録曲
清木場俊介の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
FREE MAN
TO LIVE OR DIE
Baby I love you
風のように
あの海へ
お前しか愛せない
僕の傍にいた君は…君の傍にいた僕じゃない
悲しいコトがあれば
Like my sense
SIGN of IMPACT
12月の風/清木場俊介の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ