じゃんがら恋唄 紅晴美 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

じゃんがら恋唄  ♪  紅晴美
作詞 : 紅晴美
作曲 : 紅晴美

私の生まれた町は ハーモニカ長屋で
夫婦げんかも貧乏も つつぬけだから人情の町
あれから何年たったのか いつも思い出す
いろんな人が笑ったり 酒をのんだり唄ったり
ボタ山すぎて この道曲がれば
にぎやかな町が あるはずだった
私のふるさとどこいったのさ
家をすてて みんなどこへいったのさ
さみしいよ せつないよ 胸がいたくなる
ポロポロとポロポロと 涙が落ちる

雨よふれふれ 私の涙を流しておくれ
耳をすませば 聞こえてくるよ じゃんがらの音が

まぶたをとじれば父ちゃんが ニッコリ笑ってる
泣くんじゃないよその思い うたに生きろとささやいた
花さかじいさん顔まけで 枝に登って花さかす
そんな父ちゃん大好きで いつも夢見て泣いていた
祭りの日には やぐらの回りを唄をうたって踊ったよ
私のふるさと 山ん中
みんなみんな 山ん中
もどってよ かえってよ じゃんがらうちならせ
ジャンジャンとジャンジャンと山にひびけ

なりひびけ 舞いあがれ 雨をしずめてよ
キラキラとキラキラと 山に虹がでる


紅晴美の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
紅晴美「じゃんがら恋唄」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ