ひまわり駅 峰香代子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ひまわり駅  ♪  峰香代子
作詞 : 峰香代子
作曲 : 峰香代子

やっと来た電車の音で目が覚めた
踏み切りの向こうに 遅い夏が来る
あの頃 二人は人のいないこの駅で
100年分くらいの話をしたね

久々にこうして故郷に戻ると
いつもと変わらないこの駅に来るの
少しだけ違うのは 青かったベンチの色が変わったのと
あなたがいないこと

いつだって二人で 笑ってたあの夏
ひまわり畑が見えるこの駅で
喧嘩してぶつかって 許して愛した
あの日々は 消えるはずないでしょう?

あれから 私は東京に出てきたの
小さな部屋を借りて OLになったの
あなたが最後にくれた一輪の
大きなひまわりみたいに 笑うようにしてるよ

『会えなくなるけど心はひとつだよと』
見えなくなるまで手を振ってくれたね
それでも時間がたって
それは仕方ないって思うようにしていたはずなのに

いつだって二人で 笑ってたあの夏
ひまわり畑が見えるこの駅で
喧嘩してぶつかって 許して愛した
あの日々は消えるはずないでしょう?

いつだって二人で 笑ってたあの夏
ひまわり畑が見えるこの駅で
喧嘩してぶつかって 許して愛した
あの日々は消えるはずないでしょう

消えるはずないでしょう


ミニ情報
「歌スタ!!」6月オープニングテーマ
「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」6月度POWER PLAY
峰香代子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
峰香代子「ひまわり駅」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ