夜汽車 - くるりの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

夜汽車-くるり
Jword くるり
公式サイト

夜汽車

 ♪ 

くるり

作詞 : 岸田繁
作曲 : 岸田繁

あこがれ倒したあの街へ
20時の夜汽車で旅立とう
すれ違っていただろう僕と君を
夢の街まで乗せてゆく

西へ走れば東へ走る
夢見る夜汽車は寝ぼけ眼で
そうだ 北へ向かうんだろう?
僕と君を夢の街まで乗せていく

君は寒さで凍えてる
あんなにほっぺがあったかかったのに
口付け ホットのブランデー・ティーを溶かす

今夜はクリスマス

乗客は殆ど途中で降りて
涙顔の君と疲れた僕だけ
ほら 朝陽が見えるだろう キスをしよう
夢の街ならもうすぐだ


ミニ情報
アルバム「魂のゆくえ」収録曲
くるりの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
五月の海
石巻復興節
琥珀色の街、上海蟹の朝
Hello Radio (QURULI ver.)
かんがえがあるカンガルー
Radio Wave Rock
Bluebird II (ふたりのゆくえ)
ふたつの世界
日本海
浜辺にて
夜汽車/くるりの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ