満員電車 SUPER BEAVER 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SUPER BEAVER
公式サイト
満員電車  ♪  SUPER BEAVER
作詞 : 柳沢亮太
作曲 : 柳沢亮太

満員電車に揺られて 僅かに覗いた窓の外
数分前までの笑い声が もう懐かしくなって
押し寄せる人をかき分けていって 駆け降りた次の駅のホーム
遠くに聞こえる街の喧騒に 何故か少し安心する

満たされているはずの日々 それでも僕はまだ
何か望んでいる 抱えきれず落としていくのに

大事なもの少しずつ増えていく そのたびに
溢れそうになる涙の 意味は一つじゃない

最終電車になるまで もう少し考えてみよう
とりあえず辿り着きたい終着点は もう決まってんだ
それぞれに目的地は違って そんなのわかってたはずだろ?って
繰り返す自問自答 変わる日付に気付きもしなかった

まばらになってく 足音の中で
最終を告げるベルの音が 鳴った

飛び乗って流れていく景色 声にならない声が
胸をぎゅっと締め付けたときに ふと浮かんだ顔

誰もが今それぞれの線路の上 走っている
片道分の切符を 強く握り締めて

僕を乗せて揺れながら走っていく 最終電車
僕はふいに 君の声が 聞きたくなった


SUPER BEAVERの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SUPER BEAVER「満員電車」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ