道標 SUPER BEAVER 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SUPER BEAVER
公式サイト
道標  ♪  SUPER BEAVER
作詞 : 柳沢亮太
作曲 : 柳沢亮太

朝焼けに光る空 届きそうで 高鳴る鼓動
靴紐結びなおして 目線は遠く先の自分
手を伸ばせば 掴めそうで 掴めない距離
確かな絆が 絶えず僕の 背中を押し続けている

何年も前から 決まってたのだろうか?
巡り巡る季節を越えて 今に辿り着くこと

ただひたすらに声をあげて 此処に存在することを証明して
ちゃんと立ってるんだ
明日の涙も笑顔も 道標なんだ この胸に刻み込んで
可能性を消すな

進行方向が わからなくなっても 此処にある
道標のその先に 答えがあるだろう
幾つ失っても 届きそうで 届かなくても
あの日の約束を 思い出せば 未来が手招きしてくれる

何億の中の たった一つになって
巡り巡る季節の中に 残してきた足跡

全身全霊声あげて 歩んできた道を此処に証明して
振り返ったなら また
踏み出していけばいいんだよ 悲しみの夜も この胸に刻み込んで
掌をかざした

そうだ いつだって自分で選んできただろう
巡り巡る季節を越えて この足で立つこと

無限に広がる

ただひたすらに声をあげて 此処に存在することを証明して
今を越えていくんだ
信じてきた答えが 道標なんだ この胸に刻み込んで
可能性を消すな

わかってる 存在する理由を
意味のないことは ないだろう?
抱えて離すな 可能性という名の道標は
自分自身なんだ


ミニ情報
アニメ「NARUTO-ナルト- 少年篇」テーマソング
アルバム「心景」収録曲
SUPER BEAVERの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SUPER BEAVER「道標」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ