熱量 - 鶴の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
熱量  ♪ 
作詞 : 秋野温
作曲 : 秋野温

まるでこれが健全な
世の中と言うような
見出しだけに踊らされた
やせ細った時代さ
食べたいだけ食べればいい
手当たり次第触れてみりゃいい
やがて実となり骨に変わる

今 沸き上がるその熱を止めないでいただきたい
あなたのその手は欲しい物を掴むためにある

淋しげなロウソクの火は
今にも消えてしまいそうだ
暗い夜乗り越えるから
輝くのさ未来は
好きか嫌いか分からない
淋しすぎじゃありませんか?
心の中じゃ答え出ている

ほら 胸騒ぐ衝動は抑えきれないほうがいい
あなたのその目が潤んで仕方ないくらいに

心の中じゃ答え出ている

どうか、今 沸き上がる情熱を止めないでいただきたい
あなたのその手は何でも掴む事ができる
胸騒ぐ衝動は抑えきれないほうがいい
あなたのその声は誰かに響かせるためにある


ミニ情報
アルバム「情熱CD」収録曲
鶴の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
熱量/鶴の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ