腕時計 - absorbの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

腕時計  ♪  absorb
作詞 : 笹原翔太
作曲 : 笹原翔太

去年の夏この浜辺で
埋もれていたあいつは
銀色の針動かして
時を刻んでいく

日差しが強いこんな日が
七日も続いてると
風に吹かれ消えていった
君が揺れてる

もし腕時計のボタン電池が
切れた時に君は何してる?
白い抜け殻が波にさらわれて
わずかな面影消えてく

月は過ぎて九月下旬
ナマヌルい風が吹き
突然雨降らす空に
君が重なり見えて

秋が近づくにつれて
こいつの動きも弱く
針は確かに進むけど
君の暦は

回る事なく止まり続ける
ボタン電池は君に使えない
今巡り会えても噛み合うことない
それでも季節は過ぎてく
刻み行く針さえ止められない

もしこの浜辺に二人来ること無く
夏を終えてたら腕に絡み付く
こいつも埋もれたままに冬が来て
一人で響いて

もし腕時計のボタン電池が
切れた時に君は何してる?
冬を越え春の風が吹く時
さらわれ消えてく背中を

静かに目を閉じ忘れよう


ミニ情報
アルバム「we walk abreast」収録曲
absorbの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
腕時計/absorbの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ