風の休日 - 岩崎宏美の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

岩崎宏美
公式サイト
風の休日  ♪  岩崎宏美
作詞 : 遠藤幸三
作曲 : 野井洋児

光の粒子(つぶ) 踊る水を
キミは両手で そっとすくって
ボクの口に 近づけたね
風も吹くこと忘れてた午後

むせるような草のかおり
どこかで鳥の羽音(はねおと)がした
知らず知らずキミをきつく
抱きすぎていたことに気づいた

なぜ人は幸せに立ち止れずに歩き出すのか
その先に何かを求めて

風の休日には キミを思い出すから
向かい風ばかり選んで
歩いてく生き方しかできない

理由(わけ)などなく人は出逢う
そのくせ愛の意味を探して
雨の音に 雲の影に
心の声を重ね合わせる

なぜキミはあの時 笑ってボクに手を振ったんだろう
バス停に残った青空

風の休日には キミを思い出すから
向かい風ばかり選んで
歩いてく生き方しかできない

指と指を繋いで 草の海に遊んだ
あの日いた風はどこかで
今もまだ永遠を捜す


ミニ情報
アルバム「Thanks」収録曲
岩崎宏美の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
風の休日/岩崎宏美の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ