名前の無い色 - 藍坊主の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

藍坊主
公式サイト
名前の無い色  ♪  藍坊主
作詞 : 藤森真一
作曲 : 藤森真一

泣ける映画が見たい時
本当は笑いたいことに気付く
お笑い番組が見たい時
本当は泣きたいことに気付く

ため込んでいた想いは
胸と喉を行ったり来たりして
ある時、涙に変わって
僕の頬をゆっくり伝った

そんな時、ふと思う
『自分』という絵を描いてみようと
感情の種類を数えたら
100色入りでも足りないだろう

名前の付いてない色で
真ん中を塗り潰してみた
名前がついてその色が死んでしまうその前に

「誰も愛してくれないかも」と
「ありのままを受け入れたい」の
間で気付く、どっちにしろ
悲しみの数は変わらないこと

たった一枚のキャンバスにこぼれた涙が
花の形になるかもしれない

間違えを探しながら
必死にそれを描き直そうとする
正解が見えてないのに、間違えが分かるのはなぜ

『自分』という大きな絵は
消去法なんかじゃ描けない
笑われても譲れない
信じる力、一つだけ

もっと自分のために涙を
流していいんだと僕は思う
名前の無い色のために
流していいんだと僕は思う

たった一枚のキャンバスにこぼれた涙が
花の形になるかもしれない


ミニ情報
「音楽戦士 MUSIC FIGHTER 」5月オープニングテーマ
アルバム「ミズカネ」収録曲
アルバム「the very best of aobozu」収録曲
藍坊主の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
名前の無い色/藍坊主の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ