沈黙 藍坊主 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

藍坊主
公式サイト
沈黙  ♪  藍坊主
作詞 : 佐々木健太
作曲 : 佐々木健太

君のためなら、僕は死ねるよ。何千何百何十何回でも。
だけど、本当に最後の、最後の一回は、ぼくがほんとに死ぬときだろう。

何が嘘だろう、何が本当だろう、心はいつもここにあるっていうのに、
空気に触れたら酸化してしまう、ワインのように、言葉は雨に濡れた鉄のよう。

だから僕らは手を繋いでる、口づけをし、愛をかわし合うんだ。
空気を越えて伝わる、嘘も本当もなく。僕らはなぜかそれを知っている。

ジョンレノン、世界平和はどんな形だろう、柔らかくて暖かいマフィンのようかな、
日曜の朝に響く、フライパンの音のようかな。
ジョンレノン、世界平和はきっとこないよ、あなたを愛せば愛するほど、
いよいよそんな気がしてくるんだ。

平和に暮らすこと、大切な人たちと、それは見えない誰かを相手にしてるんじゃなくて、
触れて泣いて笑って、抱くと暖かい、地球の裏側のことなんかじゃない。

何度でも確かめよう、何度でも祈ろう、全世界が愛に包まれるように。
だけど“無数”の人間を愛しながら、“ただ一人”を愛せるだろうか。

ねえ神様、世界はあまりにも広くて、何十億の愛と、それを守る摩擦が、
至る所で、煙を上げてる。
ねえ神様、僕は大事にしようと思う、平等でも 公平でも ない特別な、
ただ一人と抱き合えることを。

僕らは神のように広大でもなく、宇宙のように果てしないわけでもない、
それでも僕らは広大であろうとする、次々に溢れ出る可能性を抱えて。

目を閉じて感じた、耳を澄まして感じた、愛する人よ、何度でも語ってほしい。
夢のような未来を、あまりにももろい理想を、息が止まってしまいそうな現実で。

激しく揺れている、沈黙が震える場所、決して酸化することの無い、あなたへの想い。


ミニ情報
アルバム「ミズカネ」収録曲
藍坊主の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
藍坊主「沈黙」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ