追憶 - 山崎まさよしの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

山崎まさよし
公式サイト
追憶  ♪  山崎まさよし
作詞 : 山崎将義
作曲 : 山崎将義

かつて楽園と呼ばれた場所で
いつかの唄に応えるようにブランコが揺れる
今はもう誰もがそこを後にした

行き先を見失った人の夢は
ここに静かに眠るように名前を連ねる
いつか語られる時を待ってる

誰のための涙だったのか
それは愚かな願いだったのか
茜色の空 果てしなく続く

名前も知らない小さな花が
幼い乳飲み子の手のように未来を探してる
ただひたむきに生きてゆくために

何を手に入れようとしたのか
望んだ明日が重すぎたのか
あの歌声が遠ざかってゆく

誰のための涙だったのか
それは届かない願いだったのか
手を下してしまった罪と
ただそれを見つめてた罪が
記憶の最後心に呼びかける


ミニ情報
アルバム「IN MY HOUSE」収録曲
山崎まさよしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
追憶/山崎まさよしの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ