γ - tacicaの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

tacica
公式サイト
γ  ♪  tacica
作詞 : 猪狩翔一
作曲 : 猪狩翔一

何時まで経っても
僕と僕の身体
離れなかったから
何時まで経っても
僕は僕だった

「知らない内に…。」なんて
都合の良い言葉ばかり増えて
何時 眼を閉じても
同じ夢だった

何時まで経っても
僕は僕の事も
話せなかったから
何時まで経っても
同じ僕なんだ

頭の中では出来るモノを
全て叶えたがったから
何時 眼が覚めても
夢は夢なんだ

唇を噛んだ哀れな敗者は
今も希望を歌に託した
「こんな声は二度と出ないから。」

旗を獲った気高き勝者は
それら希望を鼻で笑った
「どんな声も消えてくだけだろう。」

生きているだけで
僕が僕に嘘を
どの位 吐いたかも
分からなくなるほど
何時も僕だって

言い聞かされた事に
救われた後
問い掛けられた事
分からなくなるまで
僕は夢を観る

人が群れを逸れる道具も持てる自分と
この手を知って
ドアは今日も開かなかったの

息が続く
それが恐いのだ
だから未来を探さなかった
もう時間は過去だけで足りる

何故 僕等 哀しい歌 歌う
僕は居なくても
キミが居なくても
そういう声で

自分じゃないなら駄目な場所もない
街を呪うのも
人を恨むのも
そういう声で

何時まで経っても
僕は僕の身体
離せなかったのは

欠けた月に似てた自分から
捧ぐ鼓動の歌は響くか?
こんな夜は二度と来なくても

息は続く
それは恐い事
だから自分が愛しくなった
そんな声を高らかに生きる

何時まで経っても
僕は僕の身体
離さなかったから
何時まで経っても
僕は僕なんだ


ミニ情報
アルバム「jacaranda」収録曲
tacicaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
γ/tacicaの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ