季節の花 - 吉田拓郎の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 吉田拓郎
公式サイト
季節の花  ♪  吉田拓郎
作詞 : Takuro Yoshida
作曲 : Takuro Yoshida

ある日東京の空を見上げたら
ヘリコプターが上からのぞいているような
あんまりいい気持ちがしなかったので
やさしくなりたいと花を見つめていました

鹿児島生まれの僕なんだけど
都会での暮らしもかなり長くなって
東京的な毎日に慣れてしまったから
何ひとつ変だとも思わなくなりました

季節の花は その時々にあざやかに
胸の中いっぱいの 幸せをくれる
季節の花は その時々に精いっぱいで
胸の中少しだけ 淋しさを残し

また雨がふり また風が吹き
またウソをつき また夢を見る
またウデを組み また歩き出す
また陽が昇る また涙する

君が好きだった僕はいなくなったけど
僕が好きだった君の心は同じですか
激しかった情熱や静かに消える夢
それぞれの気持ちを咲かせていたのです

季節の花は 来年のこの頃
今と同じような 笑顔で会える
季節の花は 心の変化や
気まぐれな気持ちを 許してくれるだろう

また会えるまで また別れても
また迷っても また探す道
また背伸びして また立ちどまり
またほほえんで また口ずさむ

また雨がふり また風が吹き
またウソをつき また夢を見る
またウデを組み また歩き出す
また陽が昇る また涙する


ミニ情報
アルバム「午前中に・・・」収録曲
吉田拓郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
今日までそして明日から
ガンバラナイけどいいでしょう
歩こうね
フキの唄
今は恋とは言わない
ウィンブルドンの夢
早送りのビデオ
Fの気持ち
あなたを送る日
結婚しようよ
季節の花/吉田拓郎の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ