ウィンブルドンの夢 吉田拓郎 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

吉田拓郎
公式サイト
ウィンブルドンの夢  ♪  吉田拓郎
作詞 : Takuro Yoshida
作曲 : Takuro Yoshida

時がどれだけ急いでも どれ程遠く過ぎて行っても
いつか又会える場所がある その日はきっとやってくる

一緒にいられればいつも見つめられるけど かなわない夜もある

ありふれているような毎日でも 大きく息を吸い込めば
今まで見えなかったものたちが あざやかに目の前に広がるよ

仕方が無いと思うのは今でなくてもいい あきらめなんてずっと先でいい

ウィンブルドンにも出たかったよネ
ワールドカップも出たかったよネ
君の愛を 大切にして
君の中で 大切にして

あの頃はいつもよくこんな風に 朝までずっと話してた
うまく行かない事も 多いけど 夢ならどんなに小さくてもいい

肩抱き合って別れた遠い季節のように また少し歩きだそう

1歩だけ前へと踏み出す事 そいつが本当は大変だよね
頭の中がかたまってるみたい 風はいつもの様に流れてるよ

何かの代わりをもう捜さなくていい 自分であり続ければ

ウィンブルドンにも出たかったよネ
ワールドカップも出たかったよネ
君の愛を 見つめてあげて
君の中で 見つめてあげて

思えば心ゆれる出来事さ あの日も同じように雨でした
また一緒に歩いてみないかどこまでも 僕らの気持ちは今も同じ

いつからだろうやめてしまった事がある 時を止めないで

時間がどれだけ急いでも どれ程遠くへ過ぎて行っても
いつか又会える場所がある その日はきっとやって来る

大きく息を吸って両手で風を抱いて 思いを空に届けよう

ウィンブルドンにも出たかったよネ
ワールドカップも出たかったよネ
君の愛よ 永遠でいて
君の中で 永遠でいて


ミニ情報
アルバム「午前中に・・・」収録曲
吉田拓郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
吉田拓郎「ウィンブルドンの夢」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ