白いチューリップ - 渡り廊下走り隊の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

白いチューリップ  ♪  渡り廊下走り隊
作詞 : 秋元康
作曲 : 高橋竜

世界中で一番好きなのに
気づいてもくれない
百葉箱の傍(そば)
咲いていた
白いチェーリッブ

広い校庭の隅
春の日向がある
そこに行(ゆ)けばいつも
心 温かくなる

言葉は近くて遠い
そよ風に揺れる木々
普通に話していても
ほら どきどきして来る

世界中で一番好きなのに
気づいてもくれない
まだまだ咲かないと
あきらめてた
白いチューリップ

春は告げることなく
やがて 散りゆくけど
そこに 取り残された
記憶 振り向かせる

こうして背中ばかりを
いつだって見ていたの
正面向いているより
今 話せた気がする

世界中で一番好きなのに
気づいてもくれない
いつもの景色に
花が咲いた
自いチューリップ

こんなに好きになれたことが
きっと 奇跡でしょう
“愛”という意味 知った
花言葉
白いチューリップ

世界中で一番好きなのに
気づいてもくれない
まだまだ咲かないと
あきらめてた
白いチューリップ


ミニ情報
カンニングのDAI安吉日! 4月度エンディングテーマ
渡り廊下走り隊の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
白いチューリップ/渡り廊下走り隊の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ