ひとつだけ - 鈴木雅之の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

鈴木雅之
公式サイト
ひとつだけ  ♪  鈴木雅之
作詞 : 古内東子
作曲 : 古内東子

君が微笑む時のくちびるは
少しずつ僕に魔法をかける
まるで会えなかった時間も
飛び越えてゆくみたい
またきれいになったけれど

ここから二人どうやって歩き出そうか
お互い大切にしてきたものを抱えて
ひとつだけ確かなものがあるとしたなら
二人また出会えた奇跡

そっと電話に目をやる仕草
それだけで僕は焦るような想い
君がどんな恋に傷つき
どれくらい泣いたかも
全部抱きしめてあげたくて

今なら二人いろんなことを簡単に
わかり合える気がしてるのは偶然じゃない
ひとつだけ変わらないものがあるとしたなら
君を愛している事実

君の涙は僕が拭ってあげたい
君の微笑みも僕が守ってあげたい

ここから二人どうやって歩き出そうか
お互い大切にしてきたものを抱えて
ひとつだけ確かなものがあるとしたなら
二人また出会えた奇跡


ミニ情報
アルバム「Still Gold」収録曲
鈴木雅之の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ひとつだけ/鈴木雅之の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ