惚れたが悪いか 石川さゆり 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

石川さゆり
公式サイト
惚れたが悪いか  ♪  石川さゆり
作詞 : 石原信一
作曲 : 岡千秋

唐紅(からくれない)の 彼岸花
簪(かんざし)にして
風流だねと 笑う男(ひと)
今宵限りの 艶姿(あですがた)
いとしいよ いとしいよ ああ いとしいよ
誰にも触らす もんかいな
命を手放す もんかいな
惚れたが悪いか どんな罪

浮気の恋は 涼しくて
真(まこと)の愛は
幸せよりも 燃え上がり
ふたり堕ちてく 闇の中
くやしいよ くやしいよ ああ くやしいよ
しらじら夜明けが 幕を引く
芝居は跳ねたと 幕を引く
惚れたが悪いか 戻れない

鏡に映る 三日月は
やせ細り
人目を忍ぶ 道行きは
袋小路で 往き止まり
せつないよ せつないよ ああ せつないよ
あの世にさらえば よいかいな
すべてを棄てれば よいかいな
惚れたが悪いか このさだめ

惚れたが悪いか どんな罪


石川さゆりの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
石川さゆり「惚れたが悪いか」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ