alone Bahashishi 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Bahashishi
公式サイト
alone  ♪  Bahashishi
作詞 : ユラリ
作曲 : 浩一

最終電車窓に映る
街の灯りを背にした私の
幸せ過ぎるように見えた
顔の裏に疲れきった影

誰かを 愛せてますか?
誰かを 必要ですか?
何か理由を作って 強がっていた

自分を 愛せてますか?
自分を 信じてますか?
分からなかった

寂しさを埋めるのは
たった一人あなただけだよ
今やっと気が付いたの
窓に映る影が泣いていた

最終電車を降りてから
いつもと違うように見える道
会いに行きたいこの思いを
のせた涙で澄むこの道

あなたを 愛してました
あなたを 必要でした
幸せという文字を 探してました

自分を 隠してました
自分を 偽ってました
守ってました

この世界に落とされた
たった一人あなたのことが
こんなにも愛しくて
今すぐその声を聞きたくて

私のこの思いを
真っ直ぐ伝えきれず

自分を 隠してました
自分を 偽ってました
守ってました

寂しさを埋めるのは
たった一人あなただけだよ
今やっと気が付いたの
この思い届くように祈った

この世界に落とされた
たった一人あなたのことが
こんなにも愛しくて
今すぐその声を聞きたくて


ミニ情報
アルバム「COLOR of LIFE」収録曲
Bahashishiの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Bahashishi「alone」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ