REMINISCING - 角松敏生の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 角松敏生
公式サイト

REMINISCING

 ♪ 

角松敏生

作詞 : TOSHIKI KADOMATSU
作曲 : TOSHIKI KADOMATSU

通り過ぎればすぐにも七色の街灯り
いつの日か見た景色が甦るなら
何処かへ続く扉を開けよう
君はあの海へ向かう
波が胸に打ち寄せる
記憶の街を抜け出せる
窓に流れる光と影を重ねる

きっと誰も忘れられない想いの欠片がある
俯きがちな日々でも抜け出せるなら
瞳を閉じて目蓋に浮かべて
僕はあの海へ向かう
波が胸に崩れゆく
時間が巻き戻されてゆく
今も繋がるすべて
ここにあるから

波が胸に打ち寄せる
記憶の街を抜け出せる
波が胸に崩れ行く
時間が巻き戻されてゆく
今も繋がるすべて
ここにあるから

波が胸に打ち寄せる
時間が巻き戻されてゆく


ミニ情報
アルバム「NO TURNS」収録曲
角松敏生の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
HOT LAZY NIGHT
Fly By Night
134
La Carnaval
Twilight Moody Blues
Mrs. Moonlight
Friend
Funky GO-KOHN
浜辺days
See You Again
REMINISCING/角松敏生の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ