襟から正して 〜呆〜 森翼 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

襟から正して 〜呆〜  ♪  森翼
作詞 : 森翼
作曲 : 森翼

幾つ数えたでしょう
…春 夏 秋 冬
いつもの月曜日だと思ってペダルが風を追う
僕の目の前から…すれ違い…去り行く…
「好き」と言えば良かったのかな
薄っぺらな言葉と心の真ん中、穴ひとつ
逢えなくなって 泣きたくなって
こんなに辛いなら
「離さないよ」って「泣かさないよ」って
今更ながら胸の奥

髪を撫でたい 声が聞きたい
あなたがいてはじめて、ボクが僕でいられる
サンタさんよりも あなたを待つよ
終わりの無い思い出と…
「今」が、この「今」がどこかで眠る その日まで
かけなくなって 聞きたくなって
こんなに震えてる
「離さないで」って「泣かさないで」って
背中にしか映らなくて…

逢えなくなって 泣きたくなって
こんなに辛いなら
「離さないよ」って「泣かさないよ」って
今更ながら胸の奥
背中にしか映らなくて…


ミニ情報
アルバム「コワイモノシラズ」収録曲
森翼の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
森翼「襟から正して 〜呆〜」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ