涙から聴こえた歌 中河内雅貴 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

中河内雅貴
公式サイト
涙から聴こえた歌  ♪  中河内雅貴
作詞 : 中河内雅貴
作曲 : 矢島秀治

あの日の事 忘れてしまった記憶を
思い出そうと頬杖つき目を閉じた

音楽室 5時間目の出来事
いつも笑顔の君が泣いていたんだ

何があったのか 分かりもせず
僕に出来る事 ひたすら考えた

友達だから 慰める事
何かしてあげたいと思う

不器用だから 言葉じゃ無くて
そばにいる事しか出来ないこの僕には…

昨日の事 忘れてしまったかのように
無邪気な顔で笑う君がいたんだ

少しは力になれたのかなぁ?
こんな僕だけど素直に嬉しいよ

あの涙から聴こえた歌は
ともて悲しさに溢れてた

瞳閉じれば苦しいほどに
胸が諦め付けられ心に刻まれた

あれから、もう… どれくらい経つのだろう
止まることの無い 時間(とき)振り返り

あの涙から聴こええた歌は
とても悲しさに溢れていた

瞳閉じれば苦しいほどに
胸が諦め付けられてた

友達だけど超えた想いを
伝えられずに過ごしていた

不器用だから言葉に出来ない
たった2つ… 二文字の言葉さえ…


ミニ情報
アルバム「Cheers!!」収録曲
中河内雅貴の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
中河内雅貴「涙から聴こえた歌」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ