菜の花畑でつかまえて - ジェロの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ジェロ
公式サイト
菜の花畑でつかまえて  ♪  ジェロ
作詞 : 山川啓介
作曲 : 都倉俊一

年上の女だった 少年の恋だった
菜の花畑で待っていた 故郷の春だった
おぼろ月 うるんだ夜風
黄八丈(きはちじょう) 伽羅(きゃら)の香り

どんなに強く 抱きしめても
心は笑って 逃げてった
花のむこうへ 吐息のむこうへ

あの女が嫁ぐ日に 故郷に背を向けた
菜の花畑に日が落ちる 夕映えの中だった
濡れた頬 上りの列車
ついて来る 伽羅(きゃら)の香り

ひと駅ごとに 大人になる
そんな都会への つらい旅
汽笛は挽歌 青春の挽歌

菜の花もない街で ありふれた恋も知り
それでも春にはぼくを呼ぶ
黄金色(きんいろ)の追憶が

あの夜に 似たおぼろ月
幻の 伽羅(きゃら)の香り
きっと今でも 来ない女を
菜の花畑で 待っている
あの日のぼくが 少年のぼくが


ミニ情報
アルバム「約束」収録曲
ジェロの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
菜の花畑でつかまえて/ジェロの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ