音楽 - Kalafinaの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

音楽-Kalafina
Jword Kalafina
公式サイト
音楽  ♪  Kalafina
作詞 : 梶浦由記
作曲 : 梶浦由記

それでも誰かを信じたい君の小さな溜息は
世界の何処にも届かず消えた

雨は二人を打ち据えて僕は瞳を尖らせて
何にも出来ないこの手を離した

僕に見えないものが君には見えていたの
太陽が昇る場所までまだ遠い

魂の中にある一条の光を信じて
叫びたい言葉さえ無いけれどただ叫んでいる
それが僕の音楽

いつ終わるかなんて分からない
きっと終わるときも分からない
だからもう少し、せめてもう一歩

何処へ行きたいか分からない
それでもしつこく呼ぶ声に
嵐を選んで碇を上げる

叫ぶ力も尽きて その雲が消える頃
激しい夜明けが海をも枯らすだろう

魂が果てるまで一条の光を信じて
泣きながら歌うんだ眠れない夜の向こうに
きっと君の音楽

明日への近道がどうしても見つけられない
一つずつ 一歩ずつ そんなの分かっているけれど
太陽が昇る場所へ

それでも信じ続けたい君の小さな溜息が
僕の胸を不意に貫いた

君の手を取る為に闇雲にただ愛を信じて
僕達は手探りでじたばたとまだ旅の途中
魂が果てるまで一条の光を信じて
出鱈目(でたらめ)な旋律が溢れ出す夜の向こうに
きっと僕の音楽


ミニ情報
アルバム「Seventh Heaven」収録曲
Kalafinaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
into the world
メルヒェン
春を待つ
from heaven above
In Dulci Jubilo
Jingle Bells
we wish you a merry Christmas
もろびとこぞりて
have yourself a merry little Christmas
やさしいうた
音楽/Kalafinaの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ