201号室 - 森翼の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

201号室  ♪  森翼
作詞 : 森翼
作曲 : 森翼

時間が戻らない事を悔やんだ歌唄ってた
窓際の鏡が少し頷いて揺れていた
君がついた嘘と僕の愛情をたたかわせても
時計からハトはもう出てこない
思わず外に飛び出した
堪えれず外に飛び出した
これしか、いやこれぐらいしか思い付かない
追い掛ける程のものなんて何も無く
缶コーヒー買って帰るしかできない

僕を嫌ってる人達は一体どれくらいいるんだろう?
窓際の鏡が少し笑いながら揺れていた
思わず声を張り上げた
たまらず声を張り上げた
これしか、いやこれぐらいしか思い付かない
言いたい程の気持ち、そんなモノ何も無く
涙のしょっぱさ覚えるしかできない

君がついた嘘と僕の愛情をたたかわせても
時計からハトはもう出てこない
思わず外に飛び出した
堪えきれず外に飛び出した
これしか、いやこれぐらいしか思い付かない
言いたい程の気持ち、そんなモノ何も無く
涙のしょっぱさ覚えるしかできない


森翼の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
201号室/森翼の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ