寂寥 砂川恵理歌 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

寂寥  ♪  砂川恵理歌
作詞 : 下地勇
作曲 : 下地勇

通い慣れた道も 見慣れた街の景色も
すべてが遠ざかる 何も見えなくなる

泣き崩れたならば 少しは楽になれるの?
あまりに痛すぎて 涙が出ないの

夢を見たのなら 覚めて当然てことなの?

叫んでも 叫んでも
あなたに届かない
街の灯りは ざわめきは
私を慰めない

求めても 求めても
あなたが見えない
私の心は一瞬で
あなたに消されたの
あなたに消されたの

ときどき目が覚めて あなたの顔が見えたから
そんなはずないわよねって 何度も口にしたの

花が咲いたなら 散って当然てことなの?

叫んでも 叫んでも
あなたは帰らない
冷たい空が 凍てつく風が
肌を突き刺すだけ

もう二度と もう二度と
あなたに逢えない
そんなことなら はじめから
出逢わなければよかった

もう二度と もう二度と
あなたに逢えない
そんなことなら はじめから
出逢わなければよかった

そんなことなら あなたになんか
出逢わなければよかった


砂川恵理歌の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
砂川恵理歌「寂寥」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ