プレイス・オブ・ピリオド - 諫山実生の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

諫山実生
公式サイト
プレイス・オブ・ピリオド  ♪  諫山実生
作詞 : 志倉千代丸
作曲 : 志倉千代丸

「静寂」と「追憶」の支配が、不意打ちな涙になる。
「特別」と呼べるこの空から、
いつの間にか熱が消え去った。

過去へ繋ぐ境界線、目を塞ぐ日々に耐えられなくて
「終わりにしよう」繰り返す思い。その瞬間
熱くなる。嬉しさの、涙の向こうで
仲間達が笑うから―

ささやかで、ちっぽけな、心に咲いた花は。
誰かの気持ちで色を纏う。
かけがえのない、いくつもの場面。
嬉しさも、悲しみも、生きる証になる。
過ちも傷跡もそのまま受け止めよう。
癒される事じゃなくて、ただ明日を信じるなら…。

戸惑いと悪戯のさだめは、無邪気な顔で闇へ誘う。
「大切」と呼べたこの景色は、僅かな声も夢も失った。

息を殺す夜は長く、ただ震え朝を待っているだけ。
絶望の淵、光も届かないそんな場所へ
手を伸ばし、信じ合い、支えてくれる
友の顔が愛しくて―

月と影、花は散る。繊細な均衡は
誰かの言葉で支えられる。
大切なもの、それは「命」だと
告げられた、その意義を、次へ伝えよう。
後悔や失望の重さが辛い時も
踏み出す事を恐れず、ただ明日を信じるなら…。


ミニ情報
ニンテンドーDSソフト「ひぐらしのなく頃に絆 第二巻 想」主題歌
諫山実生の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
プレイス・オブ・ピリオド/諫山実生の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ