花火 - 木山裕策の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

木山裕策
公式サイト
花火  ♪  木山裕策
作詞 : 多胡邦夫
作曲 : 多胡邦夫

夏が来ればまた君を想い出す灼けたアスファルト夕暮れの夕立
寄せては返す波の音のように永遠に続くような八月

フェンスを乗り越えて二人だけのグランドが僕らの特等席

空に舞い上がる花火を見上げた君のその横顔が子供みたいだった
「眺めがいいね」小高いピッチャーマウンドで
時があのまま止まればよかった

波打ち際で君が話してくれたのは僕がまだ知らない頃の君だった
「もう時間だね」って走り出した君その後ろ姿 何故か切なくて

人込みをかきわけ離れてしまわないようにその手を握った

最後の大きな花火が終わった後もしばらくそこで寄り添いあったまま
風に流れる煙を眺めていたね 何処へいったの? 煙も君も
空に舞い上がる花火を見上げた君のその横顔が子供みたいだった
「眺めがいいね」小高いピッチャーマウンドで
時があのまま止まればよかった


ミニ情報
アルバム「Memorial」収録曲
木山裕策の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
花火/木山裕策の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ