気化熱 ムック 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ムック
公式サイト
気化熱  ♪  ムック
作詞 : 逹瑯
作曲 : SATOち

まるで余所行きのような言葉が乾いた街並み
細く流線を画く涙が微熱を奪ってたんだ

何が正しいかなんて本当はわかっていたんだ
いつか話した夢事、今では絵空事さ

キレイに並べた半ダースの思い出と猫を連れて

今、溢れ出すあの日の未来へ 消えてしまおう
息を飲むほど美しい 透明な明日へ
笑えないくらい本当に全てが 君だけでした
何時かまた会えるその日まで さよなら

ピカソが描いた油絵みたいだね
かけ違えたボタン ねぇ何時から?何処から?ずっと

今、溢れ出すあの日の未来へ 消えてしまおう
息を飲むほど美しい透明な明日へ

乾いた涙が空に溶けながら熱を奪えば
それは新しい今日になる いつかきっと
夢からさめた 今なら言えるよ『どうもありがとう』
何時かまた会えるその日まで さよなら


ムックの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ムック「気化熱」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ