鏡花水月 - The SHIGOTONINの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

鏡花水月  ♪  The SHIGOTONIN
作詞 : Satomi
作曲 : 大智

琥珀の月が浮かぶ 水面を駆け抜ける風
紅椿を落とし行きました
波紋は広がりつつ 消えてゆくその姿は
まるで叶わぬ恋のようです

出逢いと別れをこの人生(みち)で繰りかえし
愛に生きて愛に恨み溺れゆく
誰かに愚かだと笑われたとしても
愛に生きて愛に死ねたなら

浮き世はまるで鏡花水月
触れようとするたび 泡沫の夢を見るのでしょう

琥珀の月を掠め 水面をそっと舐めるように
落椿は流れ行きました
逆らう術も知らず 身をまかすその姿は
まるで宿命(さだめ)の愛のようです

出逢いと別れをこの人生(みち)で繰りかえし
愛に生きて愛に死ねたなら

涙でにじむ鏡花水月
人は知らぬまに 現と夢幻を知るのでしょう

出逢いと別れをこの人生(みち)で繰りかえし
愛に生きて愛に恨み溺れゆく
誰かに愚かだと笑われたとしても
愛に生きて愛に死ねたなら

浮き世はまるで鏡花水月
触れようとするたび 泡沫の夢を見るのでしょう
泡沫の夢を見るのでしょう


ミニ情報
ドラマ「必殺仕事人2009」主題歌
The SHIGOTONINの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鏡花水月/The SHIGOTONINの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ