想いあふれて - 松浦亜弥の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

松浦亜弥
公式サイト
想いあふれて  ♪  松浦亜弥
作詞 : popY
作曲 : 中野雄太

ひとりきりの週末にも
なんだか慣れたみたい
きみを思い出さないで過ぎてく日もある

ただ待つだけの毎日は
ひどく長かったけど
気持ちにふたをしながら夜明けを待ったわ

どうか忘れないでほしい
あんなに愛していたこと
大切で守りたいよと
泣いた日が あったこと

あんなに愛していたから
あんなにやさしかったから
想い出なんかは欲しくない
あの頃に戻りたい

壁の時計の音を聴き
部屋に花を飾った
静けさに身をゆだねて 瞼を閉じるの

ただ待つだけの毎日が
私にくれたものは
孤独と背中合わせの少しのプライド

このさきも思い出すでしょう
あんなに愛していたこと
簡単にしまい込めない
温もりが残ります

どんなに愛していたって
どんなに想っていたって
あなたに届くことはないと今ならばわかります

このさきも思い出すでしょう
あんなに愛していたこと
大切にしまいこむには
温もりが残ります

どんなに愛していたって
どんなに想っていたって
あなたに届くことはないと今ならばわかります

色褪せることない 想いがあふれます


ミニ情報
アルバム「想いあふれて」収録曲
松浦亜弥の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
想いあふれて/松浦亜弥の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ