蜜蜂の毛布 tacica 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

tacica
公式サイト
蜜蜂の毛布  ♪  tacica
作詞 : 猪狩翔一
作曲 : 猪狩翔一

あの別のコードが泣いた部屋
独りでに今日をリタイヤ
あお向けになって流したのが
うつ伏せになって隠したモノ

新しくなった2階の部屋
キミらしくない日を貼って
眼の中に景色がないのなら
窓際で毛布を待って

もしも今夜
世界旅行が終わる事 分かっても

キミが眠る場所が
この街で一番綺麗な場所であろう
やがて そんな本当を
見失ってしまうだろうか

珍しく僕の使い方が
この針を便利にしたって
これだけの景色があったなら
明け方に恐怖はない

では向こう側の
予報にもない事が分かるかな

僕が眠るまでのこの場所が
一番綺麗なままの理由
やがて そんな本当を
忘れ去ってしまうだろうか

蜜を追うから迷える君達が
怯える日々に憑く魔物が
振り下ろした凶器も
涙を呑んだ途端に消えるのかな

1人 眠ろうとして
「眠らないかい?」
「いや、眠りたいんだ。」

1人 眠ろうとして
「忘れないかい?」
「いや、忘れないんだ。」

踊れない事で
消える世界は
そのオレンジの

キミが眠る場所は
この街で一番綺麗なままであろう
破れそうな毛布を
震える量と比例してみたいんだ

蜜を追うから迷える僕達が
怯える日々に憑く魔物も
キミが嫌いな多くも
いつもに飛んだ途端に消えるさ

眠ろうとして


ミニ情報
アルバム「jacaranda」収録曲
tacicaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
tacica「蜜蜂の毛布」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ