白雪の彼女 Base Ball Bear 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Base Ball Bear
公式サイト
白雪の彼女  ♪  Base Ball Bear
作詞 : 小出祐介
作曲 : 小出祐介

あ、君がいたような気がした
スキー場みたいな匂いがする今日
空気の解像度上がってグロスぶちまけた様だ

年末の騒がしい商店街 人波
来年の計画話しながら シンクロナイズド・スイミングして

「ゆき」の付く名前気に入ってるって言っていた
吐息も色付き始める季節近づいて、君を余計に思い出してしまってる
白雪の君 林檎の頬して 雪が積もるとおいしそうってはしゃいでた
そんなこと思い出してる

街の塗り絵 白で塗って笑う君は 足跡残しもしないで溶けていった
まだ、俺も忘れられはしない・・・思い出してる
思い出してしまってる
白雪の君 蜜柑の髪して 「さようなら」なんて夕日に染まった雪景色に書いていた

あ、君がいたような気がした


ミニ情報
アルバム「完全版「バンドBについて」」収録曲
Base Ball Bearの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Base Ball Bear「白雪の彼女」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ