君色の街 Base Ball Bear 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Base Ball Bear
公式サイト
君色の街  ♪  Base Ball Bear
作詞 : 小出祐介
作曲 : 小出祐介

白けた朝日 眼に届き 爽やかな金縛り覚えて 明るい部屋に溺れている
隠れんぼは続いていて 日なた掻いて 俺探し

塗り潰した所ばかりの街で君は笑った あはは
カンパリオレンジの空はまだ、よく混ざっていなかったから

君色で縁取られた画を飾りつける場所が無いから
溢れてしまった外は今日も賑やかで ハッピーエンド捨ててある

京都訛りの猫に道を聞かれて 桜を指差した
舗道にニヤけた鳴き声と俺の靴が笑うディレイ
曖昧になる思い出がある
スローモーションに突入したとき ひらひらを含んだ風

君色で縁取られた画を飾りつける場所が無いから
溢れてしまった外は今日も賑やかで ハッピーエンド捨ててある
君色で縁取られた画を飾りつける場所が無いから溢れてしまった街

そんなことを浮かべてると、ふと気付けば目の前で手を振られてることがある


ミニ情報
アルバム「完全版「バンドBについて」」収録曲
Base Ball Bearの新着歌詞を見る⇒
Base Ball Bearの人気歌詞を見る⇒
Base Ball Bear「君色の街」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ