squall - 石川智晶の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

石川智晶
公式サイト
squall  ♪  石川智晶
作詞 : 石川智晶
作曲 : 石川智晶

どこからか拾ってきた
細長い枝で自分を囲むように線をかいた
誰も入って来ないで
ここは静寂の樹海
長い雨ひたすら待つ
向こう側 向日葵のの群衆
毒々しいものをどこまで避けて
世界を語るつもりなんだろう?

待ちわびた squall
震えるほど圧倒されたいんだ
通り一遍等の言葉と温度はもう効かない
あの日の砂場に打ちまけた
白く潔いフラグメンツに深く染み込む

悲しい自伝を喜ぶ花たち
なんて単純になびく風よ
この世の正しいこと鼻歌に変わってく
平然と咲き誇る 黄色の花の愛想笑い
乾き切った種をぼろぼろ落として
苦い味がする季節の連鎖を

深い霧の中
狂おしいほど完成されたいんだ
太陽が指差したものだけの価値の中で
微笑んでいられるものかと叫ぶ
鳥肌がたつように空が騒ぎだす

雨の前兆は壊れやすくって
両手で体をそっと抱きしめる
汗ばむ首筋が緊張を誘って
そう誰もが上がって行ける訳じゃない
squall‥‥

震えるほど圧倒されたいんだ
通り一遍等の言葉と温度はもう効かない
あの日の砂場に打ちまけた
白く潔いフラグメンツに深く染み込む


石川智晶の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
squall/石川智晶の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ