名残の月 IKU 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

IKU
公式サイト
名残の月  ♪  IKU
作詞 : IKU
作曲 : IKU

「ひと雨ごとに寒くなってくね」
雨上がりの 濡れたアスファルト
歩きながら あなたはつぶやいた

わたしは空を見上げるふりして
にじんだ景色 もとに戻すように
こぼれ落ちそうな涙をギュウっと のみこんだ

「さあ 帰ろうか」
ふっと 微笑むシルエット
声に出せずに うなずいた
フードがなびく

はじまりの季節に戻れたら
わたしは何をしないでいただろう?
雨上がりの道を あなたとふたり
「そばにいたい」と
今日も言えないままで

夜風は雲を払い 浮かぶ月
鏡のように 光るアスファルト
歩きながら そっと願いを込めていた

現在(いま)未来(これから)も
永遠(ずっと)一緒にいれたなら
風の香りを感じたい
あなたとともに

はじまりの季節に戻れないから
こうして今日も 想いつづけているよ
「本当に大切なんだ」心で言うよ
声にしたなら 涙になってこぼれた

もうこれからは 独りじゃないから
「守りたい」その心 力にかえて

はじまりの季節に戻れたら
わたしは何をしないでいただろう?
雨上がりの道を あなたとふたり
「そばにいたい」と
今日も言えないまま

はじまりの季節を繰り返しても
溢れるほど その胸に思い出を
雨上がりの道を あなたとふたり
「そばにいたい」と
今日も言えないままで


IKUの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
IKU「名残の月」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ