思いのまま - シギの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

思いのまま  ♪  シギ
作詞 : シギ
作曲 : シギ

大嫌いだった 憂鬱を責めるような太陽
面白みのない 血も涙もない人殺しのニュース
七時半になって カフェインまみれになって家を出る

そんな僕を 惜しげもなく愛する彼女
相槌上手の 憎たらしいほど輝く瞳
でも時々 君は笑いながら残酷なことを言った

泣きながら 叫びながら
本当稀に心を乱す
目がもう 心がもう 壊れそうで
触れた 月明かりの夜

帰りの朝 一人歩くコーヒーとさえない僕
思い出して 嫌なことばかり思い出すんだ
君が言うような 君が抱えるようなことが

僕にもあって 怖くて上手く歩けなくて
ため息のベッド 涙で濡れた毛布は重い
独り言のような価値のない言葉 飲み込んだ僕を

切なくて 切なくて
抱きしめてくれた
君の腕がもう 心がもう痛すぎて

突き放した僕をもう捨ててくれ
似た者同士の 悲劇的な
僕はもう 君をもう見れないよ
膨れ上がる君の瞼

泣かないで
歪んだ愛が君を癒すなら
心を離さないなら

絶望的なニュースを見て笑おうよ


ミニ情報
アルバム「共鳴」収録曲
シギの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
思いのまま/シギの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ