男たちの純情歌 北川大介 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

北川大介
公式サイト
男たちの純情歌  ♪  北川大介
作詞 : 荒木とよひさ
作曲 : 平尾昌晃

男が心底 惚れる女(ひと)
恥ずかしがり屋で 出しゃばらず
いつでも三歩 後ろを歩き
笑顔がこぼれりゃ それでいい
昭和時代の 恋だとか
笑わば 笑え 俺は俺
心で抱けば 心で抱けば
男と女は それでいい

男がぐらりと 酔った時
心の真綿で 包み込み
子供のように その懐で
泣かせてくれたら それでいい
昭和時代の 生き方を
笑わば 笑え 俺は俺
涙もいいさ 涙もいいさ
男と女は それでいい

昭和時代の 恋だとか
笑わば 笑え 俺は俺
心で抱けば 心で抱けば
男と女は それでいい


北川大介「男たちの純情歌」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
北川大介の人気曲 この歌手の人気曲一覧

①男たちの純情歌♪男が心底 惚れる女(ひと)
この愛に生きて♪しあわせ薄い お前の横顔
アカシアの女♪前髪なおした ふりをして
想い出はマロニエ♪まぶた閉じれば すぐ逢える
愛してる…激しく♪君を見た瞬間(とき) こころの中を
横浜ルージュ♪かもめに恋した女 どこにもあるよな話
黄昏のむこう側♪枯葉が舞う 黄昏は 追憶(おもいで)が肩を
おまえを連れて♪こころのどこかで 探してた
雨の酒場町♪色とりどりの 灯りがにじむよ
ブルーな街角♪さびしい町の さびしい夜は

北川大介の新曲 この歌手の新曲一覧

男と女♪黄昏の桟橋は ブルースがよく似合う
愛をありがとう♪あなたの笑顔に いつも支えられ
横濱の踊り子♪港ヨコハマ 日は落ちて
哀愁の街♪港・長崎 なつかしい 出島あたりの
酒はこの世の贈り物♪まわり道して 裏通り ひとり背中の
波止場酒♪旅のさむさに わびしさに
みなと町 小樽♪ふりしきる雨に 肩を寄せながら
雪割りの花♪一度死んだと 思って生きりゃ
北の町 みなと町♪カモメ 泣け 泣け 泣くだけ泣けば
みちのく♪涙がひとつ 涙がふたつ

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ