冬の香り - Sotte Bosseの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

冬の香り  ♪  Sotte Bosse
作詞 : 平塚友次郎
作曲 : ナカムラヒロシ・本澤尚之

吾木香の花が
揺れてる坂道
吸い込まれるほどに
澄んだ空が 滲むのはなぜ

千切れてく明日を
繕うだけの絆に
君は疲れて
帰らない 鳥になった

ふたりが待ちわびていた
冬の香りが ただ冷たい

手をつないだ
ふたつの影が
無口なままでまた消え去った

目をつむって
あとどれくらい
君とのキスを 君との約束を
忘れられたなら
思い出になるの?

遠くなる背中を
読みかけの本で隠した
走るバスを止めて
まだ好きだと
言えたらよかった

君の胸で嗅いでいた
冬の香りが まだ消えない

手をつないで
歩いた日々が
色を無くしたまま風に舞う

息とめて
あとどれくらい
君との朝を 君と見たすべてを
忘れられたなら
思い出になるの?

今も憶えている
ふたり出逢ったあの日

手をつないだ
ふたつの影が
無口なままでまた消え去った

さよならをあとどれくらい
繰り返したなら 君を重ねたなら
すべて忘れたなら
思い出になるの?


ミニ情報
アルバム「Tomorrow knows Yesterday」収録曲
Sotte Bosseの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
はじまりのうた
my color
虹の渡る場所
ひとひら
Piece!!!
太陽が心にさすように
ココロに花を 傷ついた願いに愛を
ささやかな嘘
さよならルーニー
雨上がり
冬の香り/Sotte Bosseの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ